松田龍平の演技の魅力

蚊を電子ラケットで落とすのが快感の俳優ブロガーあずま(@azumakotoba)です

松田龍平さんを皆様ご存知でしょうか?

松田”翔太”ではなくて”龍平”のほうですよ

僕はこの松田龍平という男が俳優の中で一番好きです

翔太はイケメンでシュッとしてるのでドラマのイケメン役なんかで一時は引っ張りだこでしたよね

 

龍平はというとドラマよりも映画のイメージです

龍平もかなりシュッとしているのですがなんだろう鈍い魅力といいますか

なんかよくわからないミステリアスなオーラが漂っているのが魅力ですね

常に飄々としているというか

彼について各著名人がコメントしている本、「松田龍平アクターズファイル」によると

アクターズファイルは松田龍平ファンにはたまらない本となってる!

確かに彼独自の魅力は勿論あるのだがこの先やっていくには更に一歩先の段階にいかないとこの先厳しいようです

今までは彼自身のどことなくミステリアスなオーラで彼自身でいればいいという感じがこれからはある意味演技的なもっとある意味彼らしくない魅力というところまで手を伸ばさなければいけなくなったというか

元々松田龍平は浅野忠信の演技を尊敬しており彼自身が浅野忠信の演技をしていないような演技を目指して演技してきたという経緯もあります

 

僕が彼が変わり始めたなと思ったのが映画「舟を編む」です。

この舟を編むで龍平は真面目が取り柄の面白みのない青年という役をやったのですがこの龍平、役柄ということもあるのかもしれないけどほんとに演技がつまらない

龍平らしい飄々さが皆無です

僕はこの映画を映画館で見たのですが、龍平のこの演技が気になりすぎて肝心の内容がさっぱり入ってきませんでした

何こいつ、、、つまらな、、、

しかし一般的にはこの龍平の演技は評価されているようですね

確かにこういう人いるしまあまあハマってるとは思うのですよ

しかしなんだ、こんなの龍平じゃない!と

 

僕は龍平が出ているほとんどの作品を見てきました

好きなのは鴨とアヒルのコインロッカー、まほろ駅前多田便利軒、I’m FLASH、46億年の恋、ナインソウルズ、ハゲタカ

みんなかっこいいんですよ!!

でも「舟を編む」はかっこよくない!

そんなのお前じゃねええええええ!!

あなたなんか神じゃない!!!!

ってことなんですよ!

…でもね、これはしょうがないと思っています

だって龍平って器用な俳優じゃないもん

その人らしさを買われて演技してきた俳優だからさ

だからね、うん、そのスタイルが定着するまでは並以下の演技になると思う

今は過渡期だよ

完全体になる前の不安定な段階

いわば”さなぎ”なのよ

だから「麦子さん」も「モヒカン、故郷に帰る」もつまらなかったんだよ

僕も今は心も体も不安定な状態だ

龍平と”共に””一緒に”成長して乗り越えていこう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です