質問されてどぎまぎしてしまう人に向けて

僕は質問されるとどぎまぎして何も答えられなくなってしまうことがよくある

現在僕は腰が悪く整体院に通っている。

そこで映画の話となり僕は最近ステーキレボリューションというドキュメンタリーを見て面白かったので面白かったですよとと言った。

へ~、どこが面白かったんですか?と聞かれた

当たり前の質問である。

だがこれをされると急になんて答えていいのか分からなくなる。

頭が真っ白。パニック状態に陥る。

なぜ、このような状態になるのか考察してみた。

見方が浅い。

 

その場限りの何となくの面白い雰囲気で満足している。

となると、なんか雰囲気が良かったんですよね~としか言えない。

更に突っ込まれると大変なことになる。

どんな雰囲気ですか?

え、と、なんか穏やかな感じ、みたいな。

上手く言語として具体化できていないからだ。

どんな人でも感じていることは感じているはずだ。

ただ言語に変換がうまくできないというだけであって。

だから諦めないで欲しい。訓練すれば絶対言語化を上手くする能力は身につく。

てなわけで無理やり訓練しよう!!

要はインプットばかりやっててアウトプットに慣れていないということだ。

僕みたいにブログでアウトプットするのもいいかもしれないがやはり話すことが一番なのではないか!

どうやって話す訓練するか、僕がおすすめするのはなにかインプットしたらそれをYoutubeにあげることだ。

ハードルが高いかもしれないが本当に人と話すということと考えたらハードルは低くみえそうやろ!?

そしてそれを撮ったらまた見直しここがあかんなあと思うとこをまた直して話す、みたいな。

そんなことを繰り返すうちに自分の頭の中をうまく話せる能力が身につくんはずやで!!

頑張っていこう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です