映画「光」鑑賞

映画「」鑑賞

レンタルが開始されています!

この映画は25年前にある島で起きた事件がきっかけで話が進んでいく

主要なキャストは瑛太、井浦新、長谷川京子、橋本マナミ

その事件が割れたガラスのように心に突き刺さっている幼なじみ3人

一人一人が人間としての感情が不安定になっている

 

ジェフ・ミルズの刺激的なBGM

冒頭から音楽で頭持ってかれた

大森立嗣監督の映画の質感からしてジメッとしたいわゆる邦画らしい邦画だと思っていたのでいきなり度肝抜かれた感じ

この音楽がどこかの島だと思しき映像とともに流れる

調べてみたらこの音楽の作曲家はアメリカの有名なテクノミュージシャンのジェフ・ミルズという人物らしい

ジェフ・ミルズと大森立嗣監督が組んで映画を作ると公開前から話題になっていたようだ

冒頭だけではなくシーンの随所にこのテクノ音楽が流れる

この音楽について賛否両論らしいが僕はかなり好きだった

この激しい音楽を使うことで損なわれるのが物語と俳優の繊細さ

だがそれを損なってもこの音楽を使うのはアリ

こういったある意味自然体な映画にテクノ音楽は我々は異物として感じるが

それがまさに芸術としての作品性を昇華させているように見えた

 

実験的映画

大森監督自身このような音楽を使うのは実験的だと言っていたが僕はこういう実験的な映画はそもそも好きだ

園子温監督しかり攻める体勢が映画を面白くすると思っている

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です