「インサイド・ヘッド」レビュー★★★★★(星5)

この5人は宿主のハッピーの為に戦い続ける…

俳優ブロガーあずま(@azumakotoba)です

観た理由

観る前は子ども向けアニメだろと思っていたのですがあらゆるところの評判がとても良かったので観たいとずっと思ってた

そんなところでhuluで見つけたので視聴。

やられました

子ども向けとはとんでもない、むしろ大人が見た方が楽しめる映画だった。

そしてトイストーリー3に並ぶほど好きになった映画。

あらすじみたいな

  • トイストーリーの制作会社でおなじみPIXARによるアニメ映画
  • ある家族の一人娘ライリー11歳が主役
  • 色々悩ましい年頃の女の子
  • 彼女の頭の中では色々な感情がいっぱい
  • その感情が擬人化されている
  • 彼女の現実と頭の中の人たちがリンクして進んでいく物語

最初の演出で一気に惹きつけられる

まず主役の女の子が生まれて頭の中の感情が生まれ出す演出で、あ、これ絶対泣かされるやつだ、絶対にな!と確信しました。

その最初の演出のオリジナリティでワクワク感が凄い。

これはありきたりのイメージじゃないなと思いました

こんな映画

ヨロコビ
カナシミ
イカリ
ムカムカ
ビビリ

の5人が頭の中の司令室で人間を何とかハッピーにしようと奮闘します

  • 展開が全く読めない驚きの連続
  • 人間の頭の中はこんな風に物語が展開されているのかもしれないなという面白さ
  • 自分の過去を振り返らされて泣きポイントが異常に多い
  • ありきたりじゃないオリジナリティのある世界感
  • 数々の頭の中の擬人化キャラが出てくるがどのキャラもとても魅力的にできている
  • どのキャラも愛せるものにする力はピクサーはやはり凄い
  • 見ていて飽きるところがない

 

これはセラピー映画でもある

心が荒んでいる時は頭の中がこうなっているのだなと思えて癒しにもなる

自然に自分の人生と重ね合わせてしまう

見ていてこの5人の奮闘を自分に重ねてしまうわけです

あとこの5人の他にもう1人以外な人物が活躍するのですが、もうそのキャラが物語をより効果的に魅せる為に一役買っていて素晴らしいです

かつて自分にも自分の為にこんな世界が巻き起こってハッピーにしようと戦っていたのではないかと

そう思うと自然と泣けてきます

見終わったあと

これからもこの5人はライリーのハッピーの為に奮闘するんだろうな、というワクワク感

それでいて自分の中にもこんな5人がいて今まで頑張ってくれていたのかなというありがとう感が生まれる作品

ちなみに私はヨロコビ、カナシミ、イカリ、ムカムカ、ビビリの中でカナシミが一番好みです

出典:
ttp://nodogurokun.hatenablog.com/entry/2015/07/20/200009

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です