映画を見ている時に携帯が鳴ってしまった時の対処法

あずま(@azumakotoba)です

皆さんは映画館で映画を見ている時に携帯が鳴ってしまったことありますでしょうか?

映画館で映画を見る時のマナーとして携帯の音は鳴らないようにしておく

これがマナーですよね

しかし悲劇は突然訪れるものです

僕はそれをやらかしてしまったうちの一人でもあります

もちろんわざとではありませんが最低最悪の行為です

この時に起こった事実と心情を交えて、もしもの時のために対処法を考えていきます

悲劇が起きたのは国民的アニメの劇場版

携帯の着信音やアラームが鳴ってしまった時の焦りたるやハンパないと思います

それもその映画がとても静かで繊細なシーンだったらなおさら

僕はまさにそんなシーンでやらかしてしまったのです

その映画は新劇場版エヴァンゲリオン:Qでした

しかもシーンはゆったりとした時間の中カヲル君とシンジが一緒にピアノについて語り合っている時です

僕が観客の立場だったら「オイオイオイオイオイてめえ何してくれとんねん!!!!」と腹わたが煮えくり返っていることでしょう

もちろんその場にいた観客はそう思ったに違いありません

もしもその映画がマッドマックスだったらどんなにマシだったことか

こんなことにならない為の対処法としてこんな記事を見つけました

着信音を「咳のような音にしてしまう」というのはどうでしょうか?

携帯電話をオフにすることを頻繁に忘れてしまう大学生兼ウエーターである私が、教授やお客さまから冷たい視線を受けなくて済んだのはこの着信音のおかげでした。映画館やオフィスでのミーティング中でも便利です。もちろん何らかの音がしていることには気付かれますが、他人はそれが何の音なのかまでは気が付かないようです。
咳だけでなく、くしゃみだったり、チャレンジャーな方であればおならの音にしたりという手も。あとはコインが落ちる音や、咳払いする音なども使えるかと思います。

出典:映画館で携帯電話が鳴ってしまっても素知らぬ顔でごまかす方法

 

なるほど、咳の音やオナラの音に着信音を変えておけば万が一鳴ってしまった時も安心安全パーフェクトというわけですな………..

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なるほどねえ…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キツいですね

 

 

 

なぜこんな人生で一回あるかないかの事態の為に毎日でも聞くような着信音やアラームを不快な気分の音に変更しなくてはならないのか!!

 

確かに他人に気をつかえているのかもしれませんが、これでは自分に気をつかえておりません

 

 

なので却下!

 

事前にやれること

  • アラームをすべて切っておく
  • 電源を切っておく
  • そもそも携帯を持っていかない
  • 上映中ずっと手に持っておく

 

アラームは特に怖いですね、電源切ってても鳴るものもあるし

確実に切ってあるのを確認するのがオススメです!

携帯を持っていかないのはこのご時世難しいですよね

ずっと手に持っておくメリットはもしなってしまった時に即座に電源を落とす対応ができることですね

でも携帯をいつか床に落としてしまうのではないかというのが怖いですね

 

もしも鳴ってしまったら?

 

まずはとにかく携帯を探し出して電源を切るの場合を考える

メリット

  • 音を即時に消すことができる
  • その後も映画を鑑賞できる(しようと思えば)

ですね

デメリット

  • カバンから出した瞬間が特にうるさい
  • 自分だとバレる
  • 電源を切った後のその場の気まずさ
  • 全方位からの声にならない殺意を浴びる覚悟
  • その後の映画に集中できない(映画を見続ける選択をとった場合)

ですね

実際僕が取った行動

カバンから一刻も早く携帯を探し出し電源を切る、そして映画を見続ける、でした

僕はカバンの中に入っていてしかも探すのに少し手間取りました

この時の緊張は人生1だったかもしれません

映画好きの僕からして非道なことをしてしまったことが身にしみてわかります

この時の観客の皆様本当にゴメンなさい

コリン性蕁麻疹を患っている僕はもう緊張で体が痒くて痒くて仕方ありませんでした

コリン性蕁麻疹とは緊張や温度の変化で体に針を刺されているような痒みが出る症状です

最善の選択はなんだったのか?

他の対処を考える

  1. 病気のフリを装い出ていく
  2. めちゃくちゃでかい咳をかまして誤魔化す
  3. いきなり立ち上がり映画の演出の一部と思われるような行動をする

 
詳しい解説

  1. 病気のフリは鳴った瞬間に奇声をあげながら出口に一目散する方法です
  2. この方法は観客から同情を得ることにメリットがあります

    これを見た観客は「あ、電波アレルギーなのに着信きちゃったから辛くて出てったんだな、可哀想…

    と心の中で思うはずです

     

  3. でかい咳作戦はとにかく誤魔化すということです
  4. カバンから携帯を探す間着信音よりもでかい咳をかまし続ける強い喉が必要となります

    吹奏楽部の人や声の大きさに自信がある人は是非試してもらいたい

     

  5. 映画の演出の一部のような行動をする

エヴァンゲリオンじゃ難しいかもしれませんが

ディズニー映画やマッドマックスだったらいかがでしょうか?

いきなり立ち上がって歌い出したり、「ヒャッハーーーーー」と言いながらバイクで暴走しだしたら

観客はこう思うはずです「これが4Dならぬ5Dってやつかあ、、、なんか得した気分、、、

 

 

 

 

 

と!!

 

 

 

 

はいすいません、おふざけがすぎたようでそろそろ時間ですね

まとめ

映画館で携帯が鳴ったらすぐに止めて出て行ってしまいましょう

もうまともな心理状況ではいられないのです

映画にはさっぱり集中できません

他の観客のヘイトも溜まり続けます

もう諦めましょう

心の中で「すいません×2億」くらいをしながら出ていくしか道はありません!

今や誰でも携帯を持っています

悲劇は突然訪れます

日頃から心の準備を整えておきましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です