ペットのアロワナが死んだと言ったら人はなぜ笑うのか?<前編>

あずま(@azumakotoba)です

はじめに

友達がもしペットの猫or犬が死んだなんて言ってきたらあなたはどう思いますか?

おそらく、同情して共に悲しんであげることでしょう

しかし、ペットのアロワナが死んだと言ってきたら?

ちょっと薄ら笑いしてしまいませんか?

僕はまさにこのアロワナが死んだと告白してきたクチなのですが

だいたい

あ、そうなんだ…

となります

なぜ人は犬や猫の死は同情できるのにアロワナの死には同情できないのか

考察します

アロワナを飼って死ぬまでの経緯編

簡単に説明します

僕はなぜアロワナに興味を持ったのか?

僕は小さい時から魚が好きです

動物園よりも水族館で魚を見るのが好きな子供でした

中学生になってからは熱帯魚にハマります

テレビで見たベタの美しさに心を惹かれてからです

著作者: COLORED PENCIL magazine

小さい魚を買ってしばらくしたら大きな魚にも興味が出始めました

そこで目をつけたのがシルバーアロワナです

シルバーアロワナは大きな魚の中でも割と安い

小さいうちなら2000円ほどで買えます

大きくなると最大で120cmにもなります

僕は無理を言って120cm水槽を買ってもらいアロワナを飼い始めました

初めての大型魚で毎日アロワナに餌をやるのが楽しみでした

突然の死

彼は絡まって死にました

なんか水槽に出てる長い棒の黒いやつに

僕は彼を持ち上げる勇気がなかったので

多分泣いてしまうので

母親にとってもらい庭先の一番日の当たる場所に彼を埋めました

そのあとやはり泣いてしまいました

現地人はアロワナを獲って食べるそうです

なので彼が死んだ時にはその方が供養になるのでは?と本気で食べるを悩みましたが

やはりそこはペット

埋めるという決断になりました

<後編>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です