演技メモ

佐藤健 無の状態になっているといい演技ができる

 

池松壮亮 役の状態になっていればどんな間でも言い回しでも大丈夫

 

イヴァナチャヴァック

目的をとにかく追いかけろ、感情を出すのを目的にするのではなく感情を目的達成の為に使え

あらゆる演技は人間関係の交渉、構築、の新しさ

 

平田オリザ スーパーのチラシを読むように言え

 

表情筋と身体の筋肉を事前に柔らかくしておくと自然に演技しやすい

自分の売りを理解する

意味のわからない言葉で相手と喧嘩し合うエクササイズは感情の発露しやすさがわかる

ベンスティラーを観察してコメディの前にその人の緊急性が大事なのだとわかった

つまり振られて悲しいが行き過ぎると面白行動になる

毎日深いものに触れておく、太宰とか三島由紀夫とか

そうするといざという時にその深みにアクセスしやすい

エディ・レッドメインは繊細さが武器

クレア・デインズはありったけの感情と表情への現れ、壊れやすさが武器

良い俳優は壊れやすさを抱えている?

演技に対する責任感?

余地があると変な演技をしてしまう?自分の中で埋めておいてあとは自由にみたいなのが良いのか?

とにかくリラックスして相手に乗っていく

自分にとってそのことが死ぬほど必要だからこだわりが生まれてそのこだわりを持つ人が面白い的な?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です