俳優の演技file08:「葛藤」

俳優ブロガーのあずま(@azumakotoba)です

観ている人は演技をしている人の何を観ているのか

それは人間の葛藤(かっとう)を観ているのです

葛藤とは

かっ‐とう【葛藤】 の意味
出典:デジタル大辞泉
* [名](スル)《葛 (かずら) や藤 (ふじ) のこと。枝がもつれ絡むところから》
* 1 人と人が互いに譲らず対立し、いがみ合うこと。「親子の葛藤」
* 2 心の中に相反する動機・欲求・感情などが存在し、そのいずれをとるか迷うこと。「義理と人情とのあいだで葛藤する」
* 3 仏語。正道を妨げる煩悩のたとえ。禅宗では、文字言語にとらわれた説明、意味の解きがたい語句や公案、あるいは問答・工夫などの意にも用いる。
引用https://dictionary.goo.ne.jp/jn/42862/meaning/m0u/

心の中で相反する感情がありどちらを選び取るのかに人は興味を示すのです

例えば

  • 猫が川に流されてる!
    救いたい!けど自分が死ぬかもしれない!
  • 犬を飼いたい!けどお金がない!
  • ゾンビを殺さないと自分が死ぬ!けどそのゾンビは母親で殺したくない!

 

この「けど」なになにしたいというのが大事です

どちらかを選ぶしかない状況で人は何を選ぶのかに苦悩する姿が見てて興味を引くのです

人は毎日毎日必ず選択をしています

 

  • ご飯は何を食べるか
  • 何時に家を出るか
  • 傘を持って出るか

 

この選択のリスクがでかければでかいほど人の興味を引くものとなります

さきほど例に出したように

 

  • 自分の命に関わること
  • お金に関わることと
  • 倫理的に関わることと

 

などですね

簡単に物事をポンポン決める人を見ても感情移入できないのですね

どんな超人でも映画には必ずその人の葛藤があります

葛藤が台本に書いてない場合

そう言う時には自分で勝手にその役の裏設定を考えちゃいましょう!

例えば「僕パン食べるよ」てセリフがあるとします

台本にはその役のパンについてのことは何も書かれていません

これを裏設定次第で人間味のある感動モノにすることができます

(実はパンアレルギーだけど娘が初めて作ってくれたパンだから食べることを決心する)

という設定を勝手に作っちゃいます

 

そうすると

葛藤が生まれるわけですね!

パンアレルギーだからパン食べたくない、けど娘が初めて作ってくれたパンだから食べてあげたい

けどが大事ですよ!!

そしてこれは常に大きなリスクを入れていきましょう

葛藤があるのが人間的魅力になります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です