俳優の演技22 演技はいつも新鮮に

俳優ブロガーあずま(@azumakotoba)です

演技というのはすればするほど上達します

でも演技というのはやればやるほどつまらなくもなるのです

それはなぜか

演技とは新鮮味が常に必要な技術だからなのです

芸術の中でも特に新鮮味が重要とされるのが演技です

もちろん演技に必要な技術はやらなければ身につけることはできません

しかし技術を身につければつけるほど新鮮味という技術を失っていく

技術を身につけた俳優は甲冑を身にまとった傭兵です

どんな難しい役でもサクサク倒していくぜ!となるのですが

こうなると人の心を動かすことができない自己中ヤローとなってしまいます

毎回甲冑を脱いで裸にならないといけません

裸で役と対峙するのです

だけどその甲冑は重くて外すのが大変なわけだ

ではどうすればいいのか

・毎回0から役を組み立てる

0から考えることでいくらかは新鮮味を取り戻せます

この役はこの前やった何々と似てるからこんな感じかなではなくて

もう役作りの時点から毎回変えたほうがいいということ

妻夫木聡さんは考えて出てきたものを捨ててまた出てきたものは捨ててという苦行のような役作りをしているらしいです

これば新鮮さを保つために有効な手といえるでしょう

・定期的に新人俳優に触れる

演技のワークショップなんか行ってみて直に触れることで初心を取り戻すことが可能です

俗に言う演技の上手い人ってなんだか手垢にまみれた物体にしかならないんですよ

むしろ新人の方が何もないぶんさらっといい感じだったりします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です