俳優の演技15「セリフは差し込む」

イナゴの佃煮食べてみたい俳優ブロガーあずま(@azumakotoba)です

セリフを言おうとするとわざとらしくなります

だから僕は最近は相手が言ってることに良きタイミングで差し込むだけでいいかなという考えがあります

差し込み芸です

これは俗にいう反応と一緒のことかもしれません

自分の中でしっくりくる感覚が言語化されると演技はとてもやりやすくなると思います

浅野忠信さんは演技をボケとツッコミと言っていますし、それぞれの人にそれぞれの感覚があるはずなのでそれを見つけられると良いかもしれません

そんなこと言うとこの差し込みという表現も他の人にはしっくりこないかもしれない

僕の中では差し込むという表現がしっくりきたので使っています

ただこの差し込むぞ!を意識したらセリフを言おうとするのと変わらなくなってわざとらしくなるので注意

演技をやる時はリラックスが大事です

演技は準備段階で全てが決まると言っても良い芸術ですから

あとはただただ流れに身を任せて差し込むだけ

それだけです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です